イベント

23回参照触媒討論会 参照触媒を利用した光触媒反応(1)光触媒の調製反応評価の標準化を目指して

開催日

2002年917

主催

触媒学会 参照触媒部会

共催

触媒工業協会

協賛

日本化学会

会期

平成14年9月17日(火)午後13時30分 – 17時30分

会場

静岡大学 浜松キャンパス 佐鳴ホール(〒432-8011 静岡県 浜松市 城北3-5-1)

プログラム

1.拡散反射紫外可視分光法によるバンドギャップ測定(九大院総合理工)寺岡靖剛
2.酸化チタン参照触媒による光触媒反応(阪府大院工)○山下弘巳・安保正一
3.酸化チタン光触媒を用いた水中の有機化合物の吸着・分解(名大院工)吉田寿雄
4.酸化チタン光触媒を用いた有機化合物の変換反応(阪大太陽エネルギー化学研究センター)横野照尚
5.種々の酸化チタン上での光アンモニア脱硝(京大院工)○田中庸裕・寺村謙太郎・船引卓三
6.酸化チタン光触媒反応における物性-活性相関の解析(近大理工)古南博
7.酸化チタン光触媒の欠陥量測定および活性相の解明(北大触媒研究センター)○池田茂・鳥本司・大谷文章
8.酸化チタン参照触媒の時間分解赤外分光測定(神奈川科学技術アカデミー)○山方啓・石橋孝章・大西洋
9.パネルディスカッション
(引き続き、拡大参照触媒委員会17:00-18:00)
10.懇親会(同会場、18:00-19:30)

参加費

 主催・協賛学会員:会社3000円、大学・官公庁1000円、学生500円、参照触媒委員:無料
 懇親会費 3000円