討論会委員会

討論会委員会ニュース

過去の討論会委員会ニュース一覧

討論会委員会イベント

過去の討論会委員会イベント一覧

目的と活動内容

触媒学会が主催する触媒討論会の開催は、これまでに100回を超えました。年に2回、春と秋に開催しています。 触媒討論会の主な内容は、講演と討論による「触媒討論会B」、ポスター発表と口頭発表による「触媒討論会A」です。

委員名簿

2020年度

委員長

小倉 賢(東京大)

幹事

荻原 仁志(埼玉大)

委員

今川 晴雄(豊田中研)
大山 順也(熊本大)
亀川 孝(大阪府立大)
神田 康晴(室蘭工業大)
田村 正純(大阪市立大)
徳留 弘優TOTO
古川 森也(北海道大)
松本 和弘(産総研)
山口 修平(愛媛大)
山添 誠司(東京都大)
関 浩幸(日揮触媒化成)
伊藤 宏行(エヌ・イーケムキャット,触媒工業協会)
井上 朋也(アクティ)
清水 史彦(三菱ケミカル)
堂坂 健児(本田技研工業
松下 康一ENEOS

討論会委員会規程

1. 目的

触媒討論会(以下討論会という)に関する基本的方策について立案し、討論会を開催することを目的とする。

2. 業務

  1. 討論会について、開催の時期、場所、テーマ、運営方法などにつき計画、立案する。
  2. 討論会の開催経費、委員会経費、触媒誌の討論会予稿部分の出版経費などの管理を行う。
  3. 討論会のプログラム編成および運営を行う。
  4. 討論会の開催に当たり、実行委員会を設置し、業務の一部を委任することができる。

3. 構成

委員会は委員長1名、幹事1名および委員若干名をもって構成する。委員長は討論会担当理事をもってあてる。

4. 委員の任期

委員長、幹事および委員の任期は2年とする。また、1年に限り再任を妨げない。

(平成24年9月23日理事会承認)