イベント

37回光がかかわる触媒化学シンポジウム

開催日

2018年66

場所: 近畿大学

会場: 11月ホール 小ホール  アクセスマップ(大学公式サイト)

趣旨: 本シンポジウムでは,光触媒による水分解や二酸化炭素還元などの人工光合成,環境浄化や色素増感太陽電池など,光がかかわる触媒化学について基礎的なものから,環境・エネルギー問題への応用にいたるまで幅広くテーマをとりあげています.通常の「一般講演」と研究室等における最近数年間の研究の進展についてお話しいただく「総合講演」の2種類の口頭講演,およびポスター発表を予定しています.前回に引き続きポスター発表を設けましたので,学生も含めて,皆様ふるってご参加ください.

発表形式:

<一般講演> 講演15分(質疑応答も含む・液晶プロジェクターを使用)

<総合講演> 講演30分(質疑応答も含む・液晶プロジェクターを使用・できるだけ研究室の主宰者がご講演ください)

<ポスター発表> 1時間程度(2分程度のプレビューあり)

詳細は「http://pcat.cat.hokudai.ac.jp/light」をご覧ください。