固体酸塩基点の作用と設計研究会

ニュース

ニュース一覧(固体酸塩基点の作用と設計研究会)

イベント

イベント一覧(固体酸塩基点の作用と設計研究会)

目的

研究会の目的

固体酸塩基はそのままで環境低負荷型酸塩基触媒として石油精製・化学プロセスに広く用いられているのみならず、イオン交換体として遷移金属触媒の担体などにも有用である。しかしながら、酸性質の測定や触媒・担体としての働きなどに関して、ゼオライトとその他、酸と塩基など固体酸塩基を通じた原理が理解されていない。6年間の固体酸触媒の原理と応用研究会では、触媒討論会でのセッションや独立したシンポジウムを通じて固体酸性質の測定や酸点の働き、新規な応用例を議論し、原子のレベルで酸触媒の働きを明らかにしてきた。これを発展的に改組し、主につぎのことについて議論できる場をつくりたい。

  1. 固体上のブレンステッド・ルイス酸点の定量的測定法の確立
  2. 固体上の塩基点の解析
  3. 酸塩基性質と酸塩基点に保持された遷移元素種の化学特性の相関
  4. ゼオライトとその他の固体酸の作用の統一的解釈
  5. 固体酸と固体塩基の作用の統一的解釈
  6. 固体酸塩基を触媒・担体とする難度の高い反応へのチャレンジ

概要

研究会活動の概略、動向、展望

本研究会の活動は基本的に秋の触媒討論会Aへのセッション参加であり、2018年度の第122回触媒討論会(函館)におけるセッションでは、口頭発表14件、ポスター発表7件の発表が行われた。発表件数は安定的に推移(110、112回、114回、116回、118回、120回の発表件数はそれぞれ17件、19件、15件、22件、15件、14件)していることは、本分野への関心の高さを示している。

昨年度よりセッション名を「固体酸塩基触媒」と変更し、固体塩基触媒の発表も含んだセッション編成を進めている。研究会メンバーから異種の分野が並立してしまって議論が深まらないという指摘があったが、密接に関係している酸触媒と塩基触媒の研究をより深く議論する場を提供すべくプログラム編成を中心とした改善案を検討している。

2013年3月24日に、第2回固体酸触媒の原理と応用に関する小討論会「固体酸性質の正しい測定法とは」を開催して以降、同様のシンポジウムなどを開催していないが、今後必要に応じて開催する予定である。

活動状況の詳細は、研究会ウェブサイトをご覧ください。

世話人名簿

世話人代表

片田直伸(鳥取大学)

世話人

大友亮一(北海道大学)
大山順也(熊本大学)
小倉賢(東京大学)
恩田歩武(高知大学)
片田直伸(鳥取大学)

定金正洋(広島大学)
宍戸哲也(首都大学東京)
中島清隆(北海道大学)
水垣共雄(大阪大学)
横井俊之(東京工業大学)

アーカイブス

年鑑報告

報告書2020報告書2019

活動状況

活動状況の詳細は、研究会ウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ

世話人代表

〒680-8552
鳥取市湖山町南4丁目101番地
鳥取大学工学部附属GSC研究センター
片田直伸
Tel/Fax: 0857-31-5684
Email: katada(at)tottori-u.ac.jp (at)を@に変更してください

部会・研究会