光触媒研究会

ニュース

ニュース一覧(光触媒研究会)

イベント

イベント一覧(光触媒研究会)

目的

研究会の目的

光触媒は、一般にも広く認知され、学術的な興味のみならず、産業界にも大きく波及しています。

特に触媒学会においては、エネルギー変換型光触媒、有機合成を指向した光触媒反応、環境浄化型光触媒反応の研究が活発に行われております。

触媒学会の光触媒の研究は、他学会と比較して必ずしも環境浄化型チタニア光触媒に偏らず、より広い視点から数多くのユニークな研究がなされていることが特徴です。

これら多様な視点から光触媒を研究している人たちが、まとまって議論を行い、お互い情報交換を行える場を作ることは、今後触媒学会における光触媒関係の研究の進展に非常に有意義です。

本研究会では、触媒の分野に軸足をおきつつ、基礎から応用にいたるまで幅広い視野にたって研究を行っている研究者がまとまって議論を行い、情報を交換する場を提供することを目的としています。

触媒学会だけにとどまらず、より広い分野における研究の交流によって光触媒研究の進展を図ることをめざしています。

概要

主な活動

触媒討論会のセッション参加、「光が関わる触媒化学シンポジウム」の開催、若手の研究者を中心とするシンポジウムおよび光触媒セミナーの開催を中心として活動しています。

世話人名簿

2020年度世話人

世話人代表

森川健志(豊田中研)

世話人

阿部竜(京都大)
天尾豊(阪市大)
天野史章(北九州市大)
有谷博文(埼玉工大)
池田茂(甲南大)
石谷治(東工大)
石原達巳(九州大)
岩瀬顕秀(明治大)
横野照尚(九州工大)
大谷文章(北海道大)
大西洋(神戸大)
奥村英之(京都大)
角田範義(豊橋技大)
加藤英樹(東北大)
工藤昭彦(東理大)
古南博(近畿大)
小宮山政晴(山梨大)
酒多喜久(山口大)
酒谷能彰(住友化学)
佐山和弘(産総研)

鈴木登美子(豊田中研)
高田剛(信州大)
田中庸裕(京都大)
田中淳皓(近畿大)
寺村謙太郎(京都大)
堂免一成(信州大)
戸田健司(新潟大)
西口宏泰(大分大)
根岸信彰(産総研)
原亨和(東工大)
東本慎也(大工大)
久富隆史(信州大)
平井隆之(大阪大)
松岡雅也(阪府大)
町田正人(熊本大)
八尋秀典(愛媛大)
山方啓(豊田工大)
山下弘巳(大阪大)
吉田朋子(阪市大)
吉田寿雄(京都大)

アーカイブス

年鑑報告

報告書2020報告書2019

活動状況

過去の光がかかわる触媒化学シンポジウム

第38回(2019年)トヨタ産業技術記念館
第37回(2018年)近畿大学
第36回(2017年)近畿大学
第35回(2016年)東京工業大学?
第34回(2015年)東京工業大学
第33回(2014年)東京理化大学
第32回(2013年)東京工業大学
第31回(2012年)京都大学
第30回(2011年)東京工業大学
第29回(2010年)東京工業大学
第28回(2009年)東京工業大学
第27回(2008年)東京工業大学
第26回(2007年)東京工業大学
第25回(2006年)東京工業大学
第24回(2005年)東京工業大学
第23回(2004年)東京工業大学
第22回(2003年)東京工業大学
第21回(2002年)東京工業大学
第20回(2001年)東京工業大学

第19回(2000年)東京工業大学
第18回(1999年)東京工業大学
第17回(1998年)東京工業大学
第16回(1997年)東京工業大学
第15回(1996年)東京工業大学
第14回(1995年)東京工業大学
第13回(1994年)東京工業大学
第12回(1993年)理化学研究所
第11回(1992年)理化学研究所
第10回(1991年)理化学研究所
第9回(1990年)理化学研究所
第8回(1989年)理化学研究所
第7回(1988年)理化学研究所
第6回(1987年)理化学研究所
第5回(1986年)理化学研究所
第4回(1985年)理化学研究所
第3回(1984年)理化学研究所
第2回(1983年)理化学研究所
第1回(1982年)理化学研究所

各種イベント等の開催状況は、イベント一覧をご覧ください。

お問い合わせ

事務局

〒480-1192
愛知県長久手市横道41番地の1
株式会社 豊田中央研究所 森川特別研究室内
森川健志、鈴木登美子
Email: sjobs(at)mosk.tytlabs.co.jp (at)を@に変更してください 

部会・研究会